コンタクト

アドレス(URL):

自己紹介文

小川裕史≒CICADA(シカダ)

1971年1月20日生まれ、血液型A型、岡山県出身。
1996年に岡山で結成されたバンドCicadaのギター&リーダーとして、2000年にミュージックマインから1stアルバム『Cicabow』をリリース。ハウス、ドラムンベース、トリップホップ、トライバルなど様々なダンスミュージックをギター+ベース+ドラムの3ピース生バンドで、33分1曲1発録音にエディットを加えたこの作品は映画「ピンポン」の劇中で中村獅童の登場曲として起用。2002年には多数のライヴハウス、クラヴでのライヴ録音源をエディットした作品『Gig Gigger Giggest』をリリース。このアルバムからの1曲は、映画「アメリ」で有名なアルバトロス配給のB級映画を、盟友・宇川直弘監修で逆編集を施してPVに仕立て上げて話題になった。2003年に3rdアルバム『Simple Chaos Stereo』からはジーンズメーカー・EDWINのCMソングを提供。2005年には女性シンガー・一十三十一のシングル曲「キラメキmovin'on」をプロデュース、ハウス、エレクトロニカ、テクノ、J-POPの融合を試みる。更に同年4thアルバム『Curious』をP-Vineからリリース、友人のコーネリアス・小山田圭吾もギターとして参加。DJ活動は今年で18年目に突入…楽曲制作はルーツである4つ打フロアミュージック(EU方面)Prgrsv~Minimal~Electro/Houseなどに完全回帰して最新鋭で革新的な活動をしている。