« 肉食週間 | トップページ | 平田食事センター »

2007年8月28日 (火)

HardxCore RainxThunder

Images1_2Images1_2Images1_2
【ビカビカ】
雷(かみなり)は、自然現象の一種で、空と地の間に閃光が走り、轟音が鳴り響く現象のことである。主に天気が雨の場合に発生しやすい。季語としては夏を表す。古語や方言などでは、いかづち、ごろつき、かんなり、らいさまなどの呼び名もある。光は雷光と呼ぶ。
雷の事を稲妻(いなずま:古来の表記は「いなづま」)とも呼び、稲妻の光を稲光(いなびかり)と呼ぶ。稲妻は秋の季語である。稲妻・稲光の語源については、日本では稲が開花し結実する旧暦(太陰暦)の夏から秋のはじめにかけて、雨に伴い雷がよく発生するため、また落雷した田では稲が良く育つとされた(落雷によって大気中の窒素が田畑に固着されるから。現在では十分に窒素肥料が蒔かれている為、落雷した田とそうでない田の間で稲の生長に差異はほとんど見られない)ため、稲穂は雷に感光することで実るという俗信が生まれた。そこから雷を稲と関連付けて、稲の「つま」(日本の古語では「つま」は男女を問わず配偶者の意味)と解し、「いなづま」あるいは「いなびかり」と呼ぶようになったといわれている。
(Wiki)

ただいま大雨大雷中!

静電気が身体に溜まっていきます!とってもエレクトロ!
絶対にいまエレクトロ聴いたら最高だよ!
お米が食べたくなったー。

|

« 肉食週間 | トップページ | 平田食事センター »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 肉食週間 | トップページ | 平田食事センター »